アスタキサンチンとは

アスタキサンチンについて、テレビなどで耳にすることも増えてきました。

では、アスタキサンチンとはいったいどういうものなのでしょうか?
ここでは、アスタキサンチンについての情報を紹介します。

アスタキサンチンとは、カロチノイド(色素のこと。油と相性がいい食品が多いですよ)の一種で、エビやカニ、サケ、などの殻や肉に含まれている赤い色素のことです。

カロチノイドは、抗酸化作用をもっています。
アスタキサンチンは、その抗酸化作用がとても強いということが分かっているんです。

コレステロールが酸化されると、動脈硬化の原因になってしまいます。
つまり、アスタキサンチンによる抗酸化力のアップは、動脈硬化を予防する効果につながっています。

アスタキサンチンのその他の効果には、免疫力の向上による抵抗力アップ、心理的なストレスによる体調の変化への対応力アップ、日内リズム(いわゆる体内時計などのこと)の調節、シミなど肌の色素沈着の予防作用などが分かっています。

アスタキサンチンは、脳内でも活躍できる(脳には異物を入れないようなシステムがあるので珍しいそうです)抗酸化物質でもあり、脳内の毛細血管の血行改善や、眼の疲労にも効果があります。

またアスタキサンチンだけでなく、そのほかのカロチノイドと組み合わせることで、これらの体に良い作用が一層強化されることが期待されています。

トップ > 脅威のアスタキサンチン! > アスタキサンチンとは