アスタキサンチンの効用

アスタキサンチンにはさまざまな効用があることについては、大まかに紹介しました。
ここではアスタキサンチンの効用について、もう少し詳しく説明していきたいと思います。
コレステロールの酸化を阻止する働き
アスタキサンチンは、強い抗酸化力作用をもっていますからコレステロールを悪玉に変える活性酸素による酸化を防止します。さらに血管の老化を防ぎ、動脈硬化から血管を守ります。
心筋梗塞のリスクを下げる働き
動脈硬化が進むことで心臓を養う冠動脈が詰まると、狭心症や心筋梗塞が発生します。
また、脳の血管が詰まったり破裂すると、脳硬塞や脳出血が起きます。
アスタキサンチンは、血管を守る働きがあるため、心臓や脳の病気の予防にも役立ちます。
目を健康に保つ働き
ライフスタイルの変化から、視力など目に悩む人が増えています。
年齢からくる白内障や、パソコンなどデスクワークによる目の疲れ、かすみ目、視力低下、ドライアイなどです。
目の健康に悪いのは、紫外線などから発生する活性酸素です。この活性酸素が、目の水晶体をサビつかせてしまうんです。
アスタキサンチンが持っている抗酸化力がこれらの目のトラブルを抑えてくれます。

トップ > 脅威のアスタキサンチン! > アスタキサンチンの効用