アスタキサンチンのかゆみ防止効果

アスタキサンチンはさまざまな効用をもたらしてくれるものとして注目を集めています。

アスタキサンチンはかゆみの防止にも役立つということが分かってきました。
かゆみというと、軽視されがちですがアトピー性皮膚炎に代表されるように、アレルギー性のトラブルはなかなか治らないものが多いんです。
そこで、ここではアスタキサンチンをかゆみの防止という点からみていきたいと思います。

アスタキサンチンにはアレルギー反応を緩やかにする、抗ヒスタミン(アレルギーを引き起こすヒスタミンに対抗する)作用が確認されています。

アスタキサンチンが十分に蓄積されていると、アレルギー反応によって作られるヒスタミンが細胞に近づいて来たときに、このヒスタミンに取り付いてヒスタミンを無毒化します。

つまり、皮膚炎などでも、ヒスタミンによって炎症を起こす細胞を、アスタキサンチンが保護してくれるので、炎症の防止にもなるんです。

注意しなくてはいけないのは、アスタキサンチンの効果は、十分な量が蓄積されてはじめてヒスタミンを無毒化するということです。
薬などのように即効性があるわけではなくて、摂取を続けることで効果が現れるんです。

アスタキサンチンが効果を発揮するために必要な量や、摂取する期間には個人差があります。
ですが、アレルギーなどの治療に使われる抗ヒスタミン剤は、眠気がくるなどの副作用がないため、アスタキサンチンはとても効果的かと思われます。

トップ > 脅威のアスタキサンチン! > アスタキサンチンのかゆみ防止効果