アスタキサンチンの不眠症への効果

ガンの予防にも効果があるアスタキサンチンですが、不眠症にも効果があるそうなんです。
そこで、ここではアスタキサンチンと不眠症の関係について説明したいと思います。

アスタキサンチンの強い抗酸化力は、睡眠を調節しているメラトニンの酸化を防ぐことにも役立つと考えられています。
つまり不眠症(時差ボケなどの日内リズムの狂いなども)への効果が期待されています。

人間の生活に欠かせない睡眠は、脳内のメラトニンという物質が深く関わっています。
メラトニンが、夜になると分泌されることで眠気を催し、朝になると分泌が止まって覚醒します。

徹夜や夜更かしなど、不規則な生活を続けていると、あまり眠れなくなり体調を崩してしまうことがあります。
経験のある方も多いのではないでしょうか?

不眠症は誰もが悩む一般的な病気だと思います。

しかし、アスタキサンチンがその悩みを解決してくれるのです!
睡眠で悩んでいる方は、アスタキサンチンを摂取してみてはいかがでしょうか?

トップ > 脅威のアスタキサンチン! > アスタキサンチンの不眠症への効果