アスタキサンチンの腎機能への効果

アスタキサンチンは、腎透析を必要とする患者の増大を抑制することに大きな期待が寄せられています。

腎臓の機能低下により人工透析が必要になる最も大きな原因が、糖尿病です。

年間1万人が糖尿病性腎症によって、新たに透析が必要になるそうです。
人工透析に必要な費用は、年間で500万円以上にもなるといわれていて、保険や障害者年金などの制度でそれを補うため、これらの予防が医療費などの削減につながることも期待されています。

仮に透析が必要な患者が半減するとすれば、1兆近い負担の軽減になるんです。
糖尿病は生活習慣病ですから、半減を目指すことも不可能ではないはず。

アスタキサンチンは、そういう可能性も秘めているともいえるようです。

厳しい食事制限を指導されているような比較的重い糖尿病患者の血液を調べると、血中のカロチノイド濃度が正常値より低くなっているそうです。
それに、酸化ストレスの指標となる数値も増大しているとのことです。

つまり、アスタキサンチンの抗酸化作用や腎臓を障害から守る効果が改善に役に立つのです。

トップ > 脅威のアスタキサンチン! > アスタキサンチンの腎機能への効果